© 2017 by NGO/ゼロ磁場音響免疫療法学会

血流をよくする心臓へ羊水のマッサージは

腎臓の濾過機能を高めます

急所脊髄の感覚器官を震わせる羊水の響きに学んだ、映画・TV・音楽の響きの科学(量子力学)は、身体を38℃に温め、血液を浄化、細胞を若返らせ、心と身体を幸せにし健康に導きます。

映画・TV・音楽の「映像を観る」「音楽を聞く」で病を治す量子力学、エンターテイメント療法は、薬事法、医師法の範囲にすべきではないとの思いから、医療機器の認定を取らなかったのです。

羊水の波紋の響き(電子レンジの電磁波の響きと同じ横波の仲間)で心臓へのマッサージはペースメーカーより激しい響きで心臓を

助け、生命力を蘇らせます。「心臓の死が人間の死です」心臓への羊水のマッサージは「心臓の鼓動」「血管の脈動」を強化、

血液を温め血流を良くします。響きは腎臓の毛細血管を若返らせ濾過機能を高めます。血液に含まれる赤血球(強磁性鉄イ

オン)と毛細血管との摩擦熱は、血管内皮細胞が活性化血管を若返らせます。血液の赤錆び(三価鉄)を止め、黒鉄(二価鉄)に変え、

血液の磁力を高めます。血液は酸素、ブドウ糖と結合、酸化作用の錆びで血液をボロボロにします。血液も釘と同じように錆びるのです。

 

血液は酸素、栄養、水分、熱を細胞に送り届けます。大切な生命の川「血液」の磁力を高める事と二価鉄に変える大切なメカニズ

ムを西洋医学は研究していなかったのです。血液に薬の投与は間違っている。血液の錆びは糖尿病、うつ病、認知症、アトピー、更年期障害、がん等の病の原因です。

エコー検査は身体にジェルを塗り超音波で検査します。固体、液体は波動エネルギーを伝えますが、空気は伝えません。柔らかい網構造体がジェルの役割を果たし、波動エネルギーを体内に浸透吸音します。

毛細血管と赤血球は同じ大きさ

血管と血液の摩擦熱で血管を若返らせます

人間の血液(強磁性鉄イオン)は5kg、その中で1/3 は脳で使用しています。血液に含まれる鉄イオンは2700mg、体内には4000mgの鉄分を含みます。血液は鉄の匂いと味がします。赤い血液こそが「鉄」を主成分とした。赤血球(ヘモグロビン)です。

 

血液も「釘」と同じ様に錆びます。心臓の鼓動・脈動を高める羊水の響きは赤血球と毛細血管(赤血球と毛細血管は同じ大きさ)との血流による摩擦熱で血液を温め、血管内皮細胞を活性化させ、毛細血管を若返らせ、血液循環機能を高めます。毛細血管の若返りは腎臓の排尿機能を高めます。

血液の赤錆び(三価鉄)は、血液をボロボロにします。黒鉄

(二価鉄)に変え、血液の磁気を高めます。血液循環機能を甦

らせます。私たちの身体は心臓の鼓動・脈動による血管と血液

との摩擦熱で身体が発熱、血液の磁気を高める血液循環磁気発電システムで生命を維持します。血液による磁気フリーエネルギーシステムで生命を維持しています。

毛細血管と赤血球は同じ大きさです

心臓、血液、細胞を若返らせ、体温を1℃上げると医学の世界ではノーベル賞を超えた神の領域と言われています。心臓と60兆の細胞の死が人間の死です。お金を持っていても死んだらおしまい。私は音響免疫療法をおすすめします。

脳梗塞、心筋梗塞、動脈硬化、高血圧、低血圧、糖尿病、

腎不全、アトピー、C型肝炎、リュウマチ、痛風、肝硬変、

痔、椎間板症、更年期障害、バセドウ病、不妊症、骨粗鬆症

TV・音楽の響きは糖尿病・高血圧・高脂血症で汚れた血液を即効的にサラサラにします

胎児を育てる羊水の響きは、胎児を38℃にあたため、尿で汚れた羊水を浄化、水分80%の細胞を育てます。胎児を育てる羊水の響きは、電子レンジの電磁波の響きと同じ横波の仲間です。お母さんは安全な電子レンジの響きで胎児を育てていたのです。

 

糖尿病・高血圧・高脂血症のドロドロに汚れた血液が、腎臓の毛細血管を詰まらせ人工透析が必要になります。胎児の尿を浄化する羊水の響きは、糖尿病・高血圧・高脂血症の血液を浄化し血管を若返らせる最先端医学に量子力学を応用しました。

 

羊水の響きの映像音響システムは、ドロドロに錆びた血液を即効的にサラサラにし、血液と血管との摩擦熱は即効的に腎臓の毛細血管を活性化、尿の濾過機能を高めます。さらに、酸化した血液(三価鉄)を磁気の強い(二価鉄)に変え、血流を良くします。

 

中華医学は、生命の大切な川、血液を汚す薬を投与しません。腎臓・肝臓などの臓器の病を招き病状をさらに悪化させるからです。

男の子の赤ちゃんが羊水におしっこをしているところ(テレビで放映されました)

耳でなく 脊髄神経の感覚器官に

TV・映画・音楽の響きを聴かせます

脊髄神経の感覚器官にTV・映画・音楽を響かせます。感動・感情は脊髄で感じるのです。耳の空気の音は言葉、方向、危険、距離を主として感じます。

胎児期、私達は羊水の中で脊髄の感覚器官で音を感じていました。脊髄に響く重低音は、生命の危険信号としてDNAに記録されています。

脊髄の響きが感動を高め、涙で包まれるのはこの為です。世界で初めてエンターテイメントの脊髄の響きは、自己免疫力で病を治す西洋医学の薬を超えた最善の治療法だったのです。